ママとポコで行く~やまがた散歩道~

mamatopoco.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 08月 ( 35 )   > この月の画像一覧

成長記録 2歳4ヶ月 ☆

ポコのつくったブロック。

a0164972_2104819.jpg


センスいいじゃん、と思うのは親ばかなのか??


体重と身長はあまり変わらず、
14.5キロ、94センチ。

中身が大きく飛躍した1ヶ月。

a0164972_2052541.jpg


「食べたい(主にアイス)」とか「(お風呂に)入りたい」とか、
希望を言えるようになり、

食べる量がぐんと増えた。

a0164972_20541566.jpg


おもしろい事をいろいろ言うようになって、
けっこう笑わせてくれる。

相変わらず「おっぱい!おっぱい!」と、
うるさいぐらいだけど、
妊娠してから出にくくなっていたおっぱいは、
2週間前ぐらいから1適も出ていないように思う。

そろそろ潮時なのかもしれない。
あきらめてくれ。

a0164972_2057524.jpg


ようやく季節の変化を感じ始めた山形。

涼しくなったら、家を片付けたり、温かい料理を作ったりしたい。
雪が降るまで、公園でもいっぱい遊ぼう。


それにしても、、、
毎日のように「アイス」を食べていた夏休みだった。
[PR]
by yamagata-sanpo | 2012-08-31 21:03 | 日々のこと | Comments(0)

赤ちゃん☆

3ヶ月ぶりに仙台の友人宅を訪問。

7ヶ月になり、すっかり成長したKoーちゃんは、
お座りができるようになっていた。

くるくる巻き毛に、可愛らしい顔。
テンションがぐっとあがる。

ポコも、「あかちゃん、かーいー(かわいい)」と言って、
ほっぺをツンツンしたりしていた。

a0164972_20435342.jpg


アンパンマンのおもちゃを「どうぞ」したりして(→Koーちゃんのなんだけどね)、
すっかりお兄ちゃん気分を楽しんでいるようだった。

a0164972_2057244.jpg


お茶をこぼしてしまったりはしたけれど、
わりとお利口に過ごしていたポコ。

しばらくおしゃべりして、
車の中からサヨナラするとき、
「あっちゃん、バイバイ!」と、まさかの一言!

人に向かってちゃんと言うのは、たぶん初めて。

*******

午後からお買い物。
仙台のモールでマタニティのズボンを買う。

どんどんお腹が大きくなって、普通の服では厳しくなってきた。

a0164972_20565792.jpg


レストラン街、
興味津々に眺めていたお子様ランチは、
食べられるものが一個もないので、却下。
[PR]
by yamagata-sanpo | 2012-08-30 21:04 | 日々のこと | Comments(0)

新庄らーめんと尾花沢花笠☆

昨日、三十三観音めぐりのついでに寄ったところ。

新庄にあるラーメン屋「麺武者」。

a0164972_19464286.jpg


本屋で見つけた「ラーメンwalker山形」で紹介されていた。

魚介系のだしだけど、こってりで、すごい濃い味なのに無化調!

a0164972_19473487.jpg


妊娠中のソウルフード、ラーメン。
汁がおいしすぎで、全部飲み干してきた。

続いて、
33箇所目をまわった後、清々しい気持ちで向かった温泉。

神室温泉「ホットハウスカムロ」。

生後8ヶ月までお風呂はパパだったのに、
突然嫌がり出して、それ以来ずっと私と入っていたポコが、
また最近「パパと入りたい」と言うようになった。

a0164972_19504379.jpg


パパと入った後、ひとりで女湯にもやってきて、
もう着替え終わったあとだったのにまた入らせられた。

風呂あがりのいちごオ〜レがかなり嬉しい。

道的にも、時間的にも行けそうだったので、
尾花沢の「花笠まつり」を見に行く。

a0164972_1953968.jpg


山形よりも腰をおとして踊るという尾花沢流。
知人いわく、「男的」な踊りなのだという。

地元小学生の一生懸命な姿を見て、ポコもいつか踊るんだろうなぁと想像する。

a0164972_1954932.jpg


お昼のラーメンでかなりお腹はいっぱいだったけど、
屋台でお好み焼きを買ったりして、
お祭り気分を満喫。

朝8時半に出発して、家に帰ったのは7時すぎ。

久しぶりにまるっと一日遊んだ感じになった。
[PR]
by yamagata-sanpo | 2012-08-29 19:59 | 日々のこと | Comments(0)

33番札所 庭月観音 / 鮭川村

ついに最後、「結願」。

もともと願い事があって始めたわけではなかったけれど、
「結願」という言葉を聞くと、なんだかすごく嬉しい気分になる。

a0164972_20581225.jpg


そして結願を迎える33箇所目の札所は、
それにふさわしい威厳と明るさを持った、開放的な空間だった。

a0164972_20592987.jpg


「おかげ様で」と声を出しながらくぐる門。

ここではもうお願いとかではなく、
「ただただ感謝の気持ちを持つのが大事」と、「巡礼の心得」に記載されている。

a0164972_2104717.jpg


途中、小さな子どもを「あわや!」という災害から守ってくれるという、
「びんてんこ地蔵」様にお参り。

階段をのぼって進んでいくと、ついに本堂に到着。

a0164972_214972.jpg


最後の記念撮影となった看板小僧は、
いつもとちょっと違う顔だった。

a0164972_2144781.jpg


神仏の前ではお願いごとを言うより、感謝をするだけの方がご利益があるという、
下心の下をいく心でお参りしてきたけれど、

ポコの健やかな成長、お腹の赤ちゃんが元気に生まれてくれること、
家族の健康をついついお願いしてしまう。

a0164972_2181966.jpg


結願を記念する気の利いたパネルを発見。

7月1日から始めた最上三十三観音めぐり。
本日8月28日で無事一回目を終了。

こんな
に充実感があるとは、始めたときには思いもしなかった。
[PR]
by yamagata-sanpo | 2012-08-28 21:16 | 最上三十三観音めぐり | Comments(2)

31番・番外・32番札所 / 最上町

いよいよ、最後の旅となった「最上三十三観音」。

今日は半日では戻ってこれないので、
一日かけて4箇所を回る。

尾花沢を超えて、赤倉温泉方面に入っていく。
そのさらに奥の最上町に3箇所のお堂がある。

31番「富沢観音」。

a0164972_20294429.jpg


偶然お会いした住職さんが、
見所をいっぱい教えてくれた。

美味しい水、鳴らしてもいい鐘、馬がいっぱいのお堂、樹齢500年のトチの木。

小さい空間にいろんなものが凝縮されていた。

a0164972_20313976.jpg


かつては馬の産地だったというこのあたり。
別名「馬頭観音」。
午年としてはうれしい午グッズがいっぱいあった。

続いて、「番外」世照観音へ。

a0164972_20325987.jpg


「番外」が存在している意味がいまいち分からないのだけれど、
ここもまわるものらしい。

きれいなお寺の中にある観音堂。

a0164972_20344160.jpg


大きな仏具をポンポコ叩いて、しっかりお参りしてくる。

32番、「太郎田観音」。

ここまでは3箇所とても近いところにあるので、スムーズに移動できる。

a0164972_20425178.jpg


少し階段をのぼったところにある観音堂。
お寺と一体型になっているところより、
なんだかほっと一息つける。

a0164972_20355042.jpg


次が最後の33番目。

ちょっと離れた鮭川村まで移動する。
[PR]
by yamagata-sanpo | 2012-08-28 20:45 | 最上三十三観音めぐり | Comments(0)

アンパンマンブロック☆

出産祝いで頂いた「ぞうさんバケツ」のブロックに、
最近買った「アンパンマンブロック」が合わさって、
だいぶ充実したブロック環境になった。

a0164972_21101889.jpg


おもちゃ遊びも進化してきて、
ブロックを筆頭に、在庫の中からいろいろひっぱり出して遊んでいる。

デパートやショップのおもちゃスペースでも静かに遊んでくれるので、
かなりラク!になっている。

a0164972_2112557.jpg


午前中、すごい久々に多田木工の「キッズパラダイス」へ。

他の子どもがいると一緒に遊ぶようになったので、
ここでも私は片隅に腰を下ろして座ったまま、かなりラク!

社会性に関して、すごい成長ぶりを見せてくれている。

a0164972_21141112.jpg


夕方4時半からの公園。

蒸し蒸ししているせいか、すごい汗びっしょり。

ゴクゴク水を飲みながら遊ぶ。

a0164972_2115587.jpg


短時間でも体力を消耗してくれるので、暑いのも悪くない。

例年より長い夏になっているけれど、
昨日は空にウロコ雲を発見。

間違いなく、秋はそこまで来ている。
[PR]
by yamagata-sanpo | 2012-08-27 21:21 | 日々のこと | Comments(2)

28・29・30番札所 / 大石田町

1週間に一回ぐらいのペースで回ろうと思っていた三十三観音。

終わりが見えてきたらウキウキしてきて、
今日もまた出発してしまった。

28番塩ノ沢観音。

a0164972_20122163.jpg


曹源院というお寺の中にあって、とてもキレイにされている。

a0164972_20132799.jpg


観音堂というより、普通の豪華なお寺という感じだった。

続いて29番。
大石田観音。

門の両脇に建つ迫力満点の仁王像。

a0164972_2016447.jpg


向かって左側のチャーミングな笑顔がおもしろい。

a0164972_20182641.jpg


位置的にも、名前的にも大石田の中心になっている観音堂。
27、28,29番は、隣接していて、
信仰の篤さが伺える。

a0164972_20202156.jpg


本日最後の30番。
丹生村観音。

町の中心から10キロ離れた農村地帯にあり、
久しぶりに簡素な雰囲気に包まれた、三十三観音っぽいお堂だった。

a0164972_2028226.jpg


30番代に来たか〜と、あとちょっとという充実感が湧いてくる。
貼られている大量の御札を見ながら、
何回も回ってる人たちもいるんだなぁと改めて思う。

a0164972_20335488.jpg


季節が変わったらまた見える景色も違うし、
しばらくしたらまたやってみるのもいいかなと、
まだ終わってもいないのに考え始める。
[PR]
by yamagata-sanpo | 2012-08-26 20:35 | 最上三十三観音めぐり | Comments(0)

ゆきむろそば / 大石田

昨日寄ったお蕎麦屋さん。

13号線沿いにあって、通るたびに気になっていたお店。
「ゆきむろそば」。

a0164972_21123721.jpg


5度に保たれた雪室で貯蔵されたそばを使っているというのが、
気になってしょうがなかった。

a0164972_211359100.jpg


ちょうどお昼時に通過だったので寄ってみると、
山形では珍しくない、
普通の家に入っていくというスタイル。

a0164972_21151674.jpg


板そばをふたつ注文。

山盛りの漬物がサービスされたあと、
出てきたのはこの地方独特の太い手打ちそば。

固くて、歯ごたえのある、通称「田舎そば」だ。

ていねいに打たれたそばは、もちろんおいしかったし、
つけ汁もおいしかったので、そば湯を入れて飲み干した。

拙い私のそば論では、
山形は南に行くほどのどごしの良い「更科系」で、
北上するほど「田舎系」になる。

境はどのへんだろう、というのが最近の疑問。

個人的には天童あたりが文化圏の融合地ではないかと思っている。


a0164972_212516100.jpg


2才児には固すぎで、一本も食べられなかったポコは、
あとから寄ったタリーズコーヒーでドーナッツ。

5分ほどの待ち時間、
「ママっ!アイシュッ(アイス)!」を途切れない大音量で繰り返していて、
おしゃれな空間を台無しにしていた。
[PR]
by yamagata-sanpo | 2012-08-25 21:36 | やまがたレストラン | Comments(2)

25番・26番・27番札所 / 尾花沢市 大石田

今日は3つの観音をめぐる予定で、早めに家を出る。

最近ポコが6時前に起きるようになったので、出発が早い。

a0164972_21215827.jpg


25番目は、「尾花沢観音」。
尾花沢市街の中心にあって、芭蕉ゆかりの地でもある。

a0164972_21233619.jpg


叩けるものはとりあえず叩いておく。
ありがたい仏具もポコには楽しいおもちゃ。

「めんこい、めんこい」と言われて、お供え物のアメを頂いた。

a0164972_21242771.jpg


続いて大石田に移動。といってもすぐ近く。

26番目、「川前観音」。
名前の通り、目の前を最上川が雄大に流れている。

階段を登った高いところに建てられていて、眺望が素晴らしい。

a0164972_21294445.jpg


電気でつくロウソクのおかげで、雰囲気抜群。

ポコはお賽銭係。
私は感謝の気持ちを捧げてお参りする。

a0164972_2132431.jpg


次ぎの27番までは1キロという近さ。
「深堀観音」。

よく行くお団子屋「千本団子」の近くにあった。

a0164972_21342474.jpg


年季の入った外観とは裏腹に、
中のお堂はきれいなガラス張りで、珍しく観音様の姿を見ることができる。

山形市から尾花沢・大石田周辺までは片道1時間ちょっとかかるけれど、
観音堂は近くに固まっていてまわりやすい。

名物のだんごとそばを食べて帰っても、
1時ごろには家に戻れて、ゆっくりお昼寝ができた。
[PR]
by yamagata-sanpo | 2012-08-24 21:41 | 最上三十三観音めぐり | Comments(2)

処暑☆

処暑(二十四節気)。
 − この日ぐらいから暑さが和らいで、朝夕が過ごしやすくなる。

ほんとうか??

とツッコミたくなるほど、まだまだ暑そうな山形。  

a0164972_2042478.jpg


「暑い、暑い」と言いつつも、だんだん慣れてきてしまった。

生後10日目。
だいぶ大きくなってきた子猫たち。

メイがいない時間、押入れから引きずり出して遊んでいる。

a0164972_20443877.jpg


2番目に出てきたピッポ。
一番大きく生まれ、まっさきに目を開けた。

a0164972_20462369.jpg


長男、シェンケン。
尻尾が曲がっている。

微妙に毛の少ないお腹を触ると気持ちいい。

a0164972_20471765.jpg


一匹だけ毛色が違うチャッチャ。

おそらくこの子だけ父親が違う。
そして、たぶんアイツだろうと思いあたる。。。

a0164972_20481259.jpg


肉球の柔らかさが極上。
こんなの一生味わえないかも。

a0164972_20485811.jpg


生まれたばかりのポコを思い出させる澄んだ目。

あと1週間もしたら、押入れから出てきて歩きまわったりするのかなぁ。
[PR]
by yamagata-sanpo | 2012-08-23 20:58 | 日々のこと | Comments(2)