ママとポコで行く~やまがた散歩道~

mamatopoco.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

エンジェル助産院(山形市青田)

ひっつき虫育児は楽だ。
一日のほとんどを拘束されてはいるけれど、楽だ。

でも成功のかぎの10割をおっぱいが握っているので、おっぱいのメンテナンスは欠かせない。

おっぱいマッサージといったら山形市ではここ、エンジェルさんでしょう。
さいとう母乳育児相談所
ホームページで情報を手にしてさっそく行ってみることにした。

ちょっと見つけにくい場所だったけれど、迷うことなく到着。
看板がある以外は普通の家だった。

手入れの行き届いた庭を抜け、家の中に入る。
部屋はすっきりと片付けられ、心地よい音楽が流れている。

問診表に個人情報、これまでの経過などを書き込んで、さっそく育児相談。

助産師さんは若いけれど、若すぎない、一目で信頼できそうなやわらかい雰囲気を持っていた。
おっぱいをくわえていないと泣いてしまうこと、一人では寝ないことなどを話し始めると、
パパに抱っこされいたポコが泣き出した。
やっぱりマッサージは無理かな、来るの早かったかなとちょっと後悔。

すると、助産師さん、
「赤ちゃんには赤ちゃんの好きな姿勢があるんです。」
そういってポコを抱いて歩きはじめると、ものの数分で寝かせてしまった。

「赤ちゃんはまあるく、まあるく」
両手を使って小さく丸められたポコ。
授乳クッションで作ったまあるい即席ベッドに移されても、
いつものように泣き出すことなく、眠り続けた。

結局、マッサージを受けている間、ポコは静かに眠って待っていてくれた。
マッサージの時間は思ったよりも短かく、10分ぐらいで終わった。
痛みもなく、もちもちしたぷよぷよのおっぱいになり、
つまんでみると四方八方からしゅーっとミルクがあふれ出る。

赤ちゃんの体重も量ってくれて、母乳不足の心配はないことを確認し、
赤ちゃんの寝かせ方を伝授してもらった。

ついにポコが一人で寝てくれる。
帰ったらあれをやろう、これをやろうと、開放されたあとの生活で頭がいっぱいだった。
[PR]
by yamagata-sanpo | 2010-07-19 12:57 | 日々のこと | Comments(0)

ひっつき虫(新生児期~生後1ヶ月)

ポコがついに我が家にやってきた!

それまで育児について何も考えていなかったわけではないけれど、
赤ちゃんというのは勝手に寝てくれるもんだと思っていた。

ところがうちの子、おっぱい飲んでうとうとしたところ、ベッドに寝かせると泣いてしまう。
おっぱいから口が離れたとたん泣いてしまう。

おっぱい、うとうと、ギャー!

おっぱい、うとうと、ギャギャーー!

もうめんどくさいから、ずっとひっついてなさいってことにして、
ほぼ24時間おっぱいをくわえさせたまま過ごすことにした。

授乳クッションとタオルを使うとハンズフリーになるので、食事も大丈夫。
寝るときは一緒に横になっておっぱいを口に入れてあげる。

トイレとお風呂のときがちょっとピンチだけど、夏で良かった、ほとんどシャワーでカンタンにすます。

「抱き癖」を通り越して「おっぱい癖」のついたわが子。
おっぱいをくわえたまま膝の上で眠らせて、
マンガと本とドラマ漬けの日々。。。

「なんかかわいいのひっついてるね」、と夫。
「いいでしょ」、と私。

子育ては天下の楽しみです。
[PR]
by yamagata-sanpo | 2010-07-19 11:33 | 日々のこと | Comments(0)

ポコ登場!

満月から一日過ぎた日の夜遅く、
満開の桜の下を走りぬけ、いざ病院へ。

日にちをまたぐと一泊料金追加されてしまうと聞いてたので、
12時過ぎるのを確認してから出発した。

待ちに待った陣痛。
おなかがきゅーっとするのがうれしくてたまらない。

1ヶ月前から「山形入り」していた東京のおばあちゃんも病院へやってきた。

午前1時。
5分間隔の陣痛。まだまだ序の口。
ヨガの姿勢と呼吸で完全にコントロール。
吐き出すときの鼻の音を大きくすると調子がいいみたいだ。

だんだん痛みが強くなってくる。
あと何時間痛いんだろう。。。
「このまま麻酔かけて帝王切開でもいいかも。。。」と弱気な考えが一瞬頭をよぎったりする。。。

午前4時。
モニターチェックのためベッドに横になったとたん、激しい陣痛にコントロール不能。

「いい陣痛が来てますよ」と看護師さんの声。
「まだいきまないでください!」

といわれても、、、、
う~いきみたい!
ちょっとぐらいいいかな、といきんでみたら破水した。

ここからがパパの出番。
出てこようとするポコをお尻に握りこぶしを当てて押し戻してもらう。

けっこううまい!
おかげでこの後こっそりいきんでも大丈夫になった。

午前6時。
分娩室に移動。
ついに「いきんでよし!」の号令が出る。
いきんでいいなら勝ったも同然(?)
両手の手すりを握り締め、3回にわけていきみ続ける。

30分後。
「この次か、その次(のいきみ)で生まれますよ」と励まされ、
えっもう?と、ちょっとびっくり。

たしかに何かはさまってるのを感じる。

「そういえば最後ってすごく痛いって何かの本に書いてあったけど、
  ってあっもうどうでもいいや陣痛きちゃったし、、、」

とか考えてる間にするっと赤ちゃんが出てきた。

あっ終わった。最後痛くなかった。
ちょっと拍子抜け(笑)

やったー、おめでとう!

ごぼごぼっと羊水を吐き出して、元気な声で泣きはじめた。
あっという間の出産で、思っていたよりも楽だった。

a0164972_11181329.jpg


きつかったのは分娩室に移動する前の1,2時間。
パパの抜群のサポートでなんとか乗りきった。

安産でよかった〜!

ママとポコの初の共同作業、最初の難関を無事クリア。
パパもお疲れ!徹夜の付き添いありがとさまでした☆

a0164972_11183837.jpg

[PR]
by yamagata-sanpo | 2010-07-19 10:34 | 日々のこと | Comments(0)